離婚を考えたとき、最も心配なのはその後の生活でしょう。そのためには、まず自分の現在の経済状態を確認することが大切です。「苦しい毎日から解放されたい」と思う人も多いでしょうが、「人生はお金ではないので、できるだけ早く別れたい」と思う人もいます。

離婚したい時に考えるお金の事

しかし、本当にそうでしょうか?離婚が決まったら、その日から自分で生活を支える必要があります。子どもがいる場合は、当然子どもたちの生活も考えなければなりません。そのためには、自分の現在の貯金額、将来の収入、自分で貯めた資産があるかどうか、そして自分で働けるかどうかを確認することが重要です。

さらに、自分の名義にしておくことも検討する必要があります。 現在、仕事をしていますか?もし専業主婦であれば、パートタイムでも構いませんので、まずは働くことを試してみましょう。

そして、自分がどの程度の収入を得られるかを確認することが重要です。さらに、母子家庭になった場合に、自分が居住する地域での政府からの援助制度も調べておくことを忘れないでください。 重要なのは、まず自分が持っている財産や収入源、そして政府からの援助制度などを考えることです。

そして、その上で、相手からの慰謝料や養育費を検討することが重要です。単純に「相手からいくらもらえるか」を考えるのは危険です。もしもらえると考えていたお金がもらえなかったり、予想外のトラブルが起きることもあるので、相手によって変わる可能性があるということを忘れないようにしましょう。

離婚する時の財産分与

財産分与についても、相手の立場を考えることが大切です。例えば、持ち家があったとしても、ローンがまだ残っている場合、その残金をどちらが払うかを考える必要があります。また、持ち家を売却しなければならない場合、買ったときの価格よりも査定が下がっていることもあるでしょう。

この場合、売却にかかる費用を引いた残りを二人で分け合いますが、実際には思ったよりも少なくなることがよくあります。 養育費は、収入や子どもの人数、年齢などによって見算することができますが、これはあくまでも予想にすぎません。相手の誠意も大きな要因であるため、皮算用にすることは危険です。

子どものメンタル面も大切

多くの方が、現在の状況に不満を感じて離婚を考えることがあります。しかし、思い込みだけで離婚を決め、あわてて行動するのは危険です。そのため、メンタルケアは重要です。離婚は夫婦の問題であると同時に、二人の納得がないと、影響は想像を絶するほど広がります。

特に子どもたちは大きな影響を受けます。大人の事情を理解することはとても難しく、特に思春期の子どもには特別なケアが必要です。 離婚を考えるとき、最も心配なのは子どもたちや家族への影響です。そのためには、まずは自分が持っている財産や収入源、および政府からの援助制度を考えることが重要です。

離婚と子ども

さらに、離婚が決まった後も、子どもたちや家族のことを考えなければなりません。子どもたちにとっては、大人の事情を理解することがとても難しいでしょう。そのためにも、特に思春期の子どもには充分なサポートが必要です。また、実家のご両親にも心配をかけることになります。結婚を祝福してくれたご両親に、結婚を解消することを伝えるのは本当に辛いでしょう。

そのためにも、自分の気持ちを決めて納得し、かつ、身近な人たちに迷惑をかけることに対する自責の念を持ちながら、折り合いをつけることが大切です。離婚はエネルギーを必要とすることもあるため、今は仕方がないと自分に言い聞かせ、納得することが大切です。

離婚を考えるとき、精神面のデメリットも含めて自分がなぜ離婚を決意したのかを考えることが重要です。離婚後に起こる多くの問題を乗り越えるためにも、自分の気持ちをしっかり決めて納得しておくことが必要です。

ただし、離婚には良いところもあり、味方になってくれる人もいます。そのような場合もあることを忘れずに、自分の決断をすることが大切です。

離婚後の生活はどうする?

離婚後の生活について、現実を見据えて具体的な計画を立てることが重要です。赤字になりそうな場合は、収入を増やすための方法や、実家からの援助、ローンの整理、保険の内容を見直すなど、さまざまな対策を検討する必要があります。

現実をしっかり受け止め、精神的にも経済的にも健康的に生活できるようにすることが、幸せな生活への鍵です。 今まで大切だと述べてきた離婚後のシミュレーションをする際には、できる 限り具体的に考えることが大切です。このことは仕事(就職)や住まいについ でも同じです。

女性の場合、特に仕事の問題は深刻です。 結婚後も仕事を続ける人は増えて いると思いますが、子どもが生まれてしまうと、専業主婦になってしまったり、 時間的に融通のきくパート職に移ったりすることが多いようです。 こうした状 態では、独立した世帯として生活していくのは難しいですね。 子どもが小さい のであれば、正社員として勤めるために保育園などを探す必要があります。

今 まで働いていなかった方なら、 通勤電車などにも慣れておくことも大切です。 生活環境が変わるだけでもたいへんなのに、仕事をはじめるだけでなく、子 どもを保育園に送迎するとなれば、体力的、精神的な負担は訛りしれません。

こうした負担を少しでも軽くするためには、離婚前に仕事を探し、よいところ があれば面接を受けに行く、 また、保育園を見つけておくなど、積極的に計画 を立てることが大切です。 離婚後の住居についても、具体的な計画を立てることが重要です。もし、現在の住居を続けられるのなら、問題はありませんが、出なければならない場合は、新しい住居を探す必要があります。

特に、子どもが小学生から中学生にかけては、通学地域を考慮した上で住居を探すことが必要です。また、賃貸の場合は家賃も必要になるので、実際に住める候補を検討しておくことで、あわてずに決めることができます。 離婚後の住まいについても、実家に頼ることを検討することも大切です。

実家で子どもの面倒を見てもらえることはもちろん、周囲からの支えを得られることで、心的安定を得ることができます。また、子どもたちが孤独感を感じないようにするためにも、実家にしばらく頼ることも考えられます。