コラム

離婚原因について「離婚を決めた理由ランキング5」

女性が離婚を決めた理由ランキング

不倫や浮気

夫が不貞を犯したため、女性が信頼を失って離婚を決意することがあります。不倫や不信による不適切な関係が原因の場合、女性は自分の愛情や心を傷つけられ、不安や不信感を抱き、離婚を決意することがあります。

不倫によって夫婦関係が破裂し、信頼関係が崩れ、それが家庭や子どもにも影響を与えるため、離婚を選ぶことになります。

性格が合わない

夫婦間に不和が生じ、コミュニケーションも取れなくなったため、離婚を決意する女性がいます。

お金の問題

夫が失業したり、収入が低いため、家計に追われるような状態に陥ったため、女性が離婚を決意することがあります。経済的な問題は、夫婦の関係において重要な役割を担うことができます。

夫が失業したり、収入が低いために家計に追われるような状態に陥ってしまった場合、女性はその状態に耐えられなくなることがあります。家計に対するストレスが高まり、それが夫婦の関係にも影響を与えることになります。このような状況下で、女性は離婚を決意することで、自分自身の経済的な状況を改善しようとすることもあります。

また、経済的な問題が原因で夫婦の関係が冷え込んだり、コミュニケーションが取れなくなってしまった場合も、女性は離婚を決意することになります。

家事・育児の負担

夫が家事や育児の責任を果たしていないため、女性が肩身の狭い生活を送っているため、離婚を決意することがあります。
夫が家事や育児の責任を果たしていない場合、女性は全ての責任を肩に担って生活を送らなければならず、ストレスや疲れがたまり、肩身の狭い生活を送ってしまうことがあります。

そのため、女性は夫が家事や育児の責任を果たしていないため、離婚を決意することがあります。また、夫が家事や育児の責任を果たしていないため、女性が自分のキャリアや人生に対して、妥協をしなければならないこともあります。そのため、女性は、自分の人生やキャリアを追求したいため、離婚を決意することがあります。

個人的な理由:

離婚するための理由は必要です。話し合いや調停で離婚を決める場合は、両者が合意すれば理由は問われませんが、裁判になった場合には離婚の理由が必要になります。裁判で離婚を認められるためには、離婚のきっかけや原因が明確である必要があります。話し合いで解決できなかった場合に離婚を強制することになるためです。

 

離婚原因とは

それで、法律では「離婚原因」というものを定めておいて、離婚が強制されなければならない場合にのみ限定しています。

「離婚原因」というものは、民法で定められています。

民法では、「不貞行為」「悪意の遺棄」「3年以上の生死不明」「強度の精神病」「その他婚姻を継続することが困難な重大な事由」の5つの原因が挙げられています。そして、これらの5つのどれかに該当しない場合は、裁判では離婚が認められません。

離婚を考える時は、最終的な着地点を考え、慎重に判断する必要があります。それには、「裁判になった場合にも離婚できるのか」などを考慮することが重要です。

法律で定められている「離婚原因」として、「不貞行為」、「悪意の遺棄」、「3年以上の生死不明」、「強度の精神病」、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」の5つがあります。これらの中で、「不貞行為」とは、配偶者以外の人と性的関係を結ぶことを指します。

「悪意の遺棄」とは、夫婦の間において同居や協力、扶助や費用の分担の義務があることが民法で定められているが、それらの義務に違反し、一方がもう一方を放置するような状態を指します。例えば、夫が妻と同居している家から出て行き、妻が同居を求めても戻らず、生活費を全く払わないような状態です。

次に、「3年以上の生死不明」は、夫婦の一方が事故や災害で生死が分からなくなった場合を指します。「強度の精神病」は、回復が不可能な病気、例えば統合失調症などがある場合です。最後に「その他婚姻を継続し難い重大な事由」という項目がありますが、これには暴力やモラハラなどが含まれます。

-コラム