夏の洗濯は「水洗いクリーニング」を選択しよう

Pocket

こんにちは クリーニングビーの壁下です。今日は夏のクリーニングについて書きます。夏服の洗濯はほとんどがお家でできる。という考え…正解です! ほとんど家で洗えます。洗えないのはお仕事のスーツ、あとはジャケットくらいでしょうか?? 素材的に洗えるスーツやジャケットは増えていますが、アイロンで仕上げられるかは別問題ですが、若干シワがあっても着用できるならお家で洗っても大丈夫ですよ。

クリーニングに出すことはお洋服にとっていいことです。比べられるものではないですが、Tシャツでもクリーニング屋さんに出す方が寿命は伸びると思っています。さすがにTシャツをクリーニングする人は少ないですよ。もちろん0ではないです。

夏場のクリーニングで気をつけたい箇所は 「水洗いをする」ということ。
冬服と夏服のクリーニング。比べると冬服の方がクリーニング代は高いです。コートは1500円 ブラウスは600円ほど。2.5倍の差があります。しかし、どっちが汚れているのか?といえばブラウスの方が汚れています。
理由は汗です。夏場はブラウスだけじゃなくジャケットやパンツ、スカートと汗がかなり不着していて重たくなっている。汗は乾いて水分が蒸発しても塩分は残ります。

その塩分はドライクリーニングでは除去することがほとんどできません。
ドライクリーニングは油で洗います。油では塩分は溶かすことができない。生レバーを食べる時のごま油に塩入ってるでしょ。でも塩は解けないんです。 …例えがコテコテですいません。。。

夏物スーツ、ジャケット、スラックス、スカートなどビジネス利用のお洋服でクリーニング屋さんにクリーニングする時は是非「水洗いクリーニング」でクリーニングしましょう!!
呼び名は水洗いクリーニングやWクリーニングなどいろいろ呼ばれています。
(Tシャツ、ポロシャツ、ブラウスなどは基本水洗いするので不要です)
あっクリーニング屋さんに出す、ワンピースも水洗いクリーニングしてほしいです。


水洗いクリーニングする利点

基本的にクリーニング屋さんに出すお洋服 スーツやジャケット、スラックス、スカートなどの半数はお家で洗うことができません。洗えるとこと洗える。でもアイロン掛けして元に戻るかはかなりのアイロンの技術が必要。
ジャケットなどのお洋服はかなり複雑に作られているので家では洗えないのが普通です。逆にブラウスなどは裏地もないし、芯地もないのでアイロンは掛けやすい。

ジャケットなどは通常ドライクリーニング(油で洗います)します。油で洗うことによって素材の風合いを損なわずにクリーニングできる。しかし、夏服はそうはいかない。主な汚れが汗です。油では分解できません。
そこで僕たちクリーニング屋さんは水洗いクリーニングをオススメしています。

ドライクリーニングした後に水洗いクリーニングをします。
特殊な加工液にお洋服を漬け込みます。お洋服をお風呂に入れてあげる感じ。 
加工液には縮まない成分、シリコン剤などが入っています。  

そして、乾燥させてハンドアイロンで元の形に戻します。ここが腕の見せ所です。かなり技術が必要なので誰でもアイロンできるか?と言われたらそうではなく、時間がかかります。
なので少しだけクリーニグ代金はアップチャージになる。

でも、僕は結果的にお洋服の寿命は伸びるので絶対にやってほしい。 
と思っております。 


うちの会社では通常のクリーニング代金の1.5倍ほどの金額となります。

オンライン接客しています

ご連絡いただければ、オンライン接客をしています。
クリーニングどうやって出したらいい?? などご質問がありましたらお洋服をご用意していただいた上で
フェイスブック、インスタグラムのテレビ電話機能を使ってオンライン接客します。
数が多かったら写真とか面倒くさいのでオンライン接客がオススメ

一点とか少ない場合は、お写真を送ってください。
お洋服全体が映っている写真、素材が表記されている品質タグ などを送ってください


インスタグラムID maxkabeshita
フェイスブック Twitter 壁下 陽一
LINE公式アカウント

wazzup

質問大歓迎ですー 

答えるのは僕です。 
15歳からクリーニング屋さんでアルバイトしてます。(なかなかのキャリア)
当然ながらクリーニング師でもあります(誰でも取れるけどね 笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です